企業情報

PTFE 分散体

English
ナノオーダーのPTFE分散体の開発に成功しました

有機溶剤への微粒子分散が困難とされていたPTFE(ポリテトラフルオロエチレン)をナノ粒子の状態で分散できるようになりました。

特長

01:ナノオーダーに分散

粒径分布

NMP

NMP

MEK

MEK

02:フィブリル化しにくい

一般品

一般品

フィブリル化してしまう

開発品

開発品

フィブリル化しにくい

溶剤を選べる

■メチルエチルケトン Methyl ethyl ketone(MEK)
■N-メチル-2-ピロリドン N-methyl-2-pyrrolidone(NMP)
■イソプロピルアルコール Isopropyl alchol(IPA)
■水 Water

効果

01:表面が平滑

一般品

一般品

開発品

開発品

02:薄膜化

薄膜化

03:混ぜやすい

混ぜやすい

04:沈降しにくい

沈降しにくい

用途

01:硬質PUF

■硬質PUFに含有することでセルの緻密化による断熱性や寸法安定性の向上が期待できます
■基本溶媒:ポリオール


硬質PUF_1 硬質PUF_2

02:フィルム・コーティング

■各種フィルムのワニスやコーティング剤に混合することで撥水・撥油が期待できます
■基本溶媒:MEK


フィルム・コーティング_1

※ジペンタエリスリトールペンタ及びヘキサアクリレート



恒久的な撥水撥油効果

撥水撥油効果

当社高透明品と従来品の比較

当社高透明品と従来品の比較

アクリル塗膜の透明性 (PTFE15%)

アクリル塗膜の透明性

03:摺動材

■各種塗料に均一に混合できるため、摺動性が向上します


均一な塗膜

均一な塗膜

              水性ウレタン塗料 PTFE30%/Film
              塗工条件:2mil

スティックスリップの低減

スティックスリップの低減

動摩擦係数の低下

動摩擦係数の低下

04:PKG基板向け材料

■PKG基板材料への混合により、比誘電率(Dk)や誘電正接(Df)の低下が期待できます
■基本溶媒:トルエン


比誘電率(Dk)誘電正接(Df)の低減

比誘電率(Dk)誘電正接(Df)の低減

エポキシ種別の比誘電率(Dk)、誘電正接(Df)の低減効果

エポキシ種別の比誘電率(Dk)、誘電正接(Df)の低減効果

エポキシ樹脂硬化物中のPTFE分散状態(PTFE18%/resin)

エポキシ樹脂硬化物中のPTFE分散状態