産業資材事業

産業資材事業は、筆記具開発から生み出されたコア技術を広範な分野、用途へ提案しております。
主な技術としては、ボールペン・サインペンのインク開発で培った 「分散技術」、シャープ芯、鉛筆芯の開発で培った、主にカーボンを様々な特性に作り上げる「焼成加工技術」、その他「微細加工技術」「容器設計技術」などをご紹介しています。

分散

従来サインペンやボールペンなどの液体筆記具の着色剤には、染料が多く用いられてきました。その中で当社は顔料の堅牢性、耐候性などに着目し、40年近く着色剤の顔料化を進めて参りました。顔料は染料に比べ分散が難しく、インク化する際に沈降したり、凝集してしまうため、分散技術を開発する必要があり、当社は分散技術を磨いて参りました。
こうして三菱鉛筆では筆記具の顔料化を進め、その中で培った超微粒子分散技術の開発を、筆記具用インク以外の分野へも応用展開しています。

PTFE分散体

PTFE分散体

三菱鉛筆は筆記具インクの顔料化を進める中で超微粒子分散技術の開発を進めて参りました。三菱鉛筆のポリテトラフルオロエチレン(PTFE)分散体は、当社の顔料分散技術を用いて得られた、微細なPTFE粒子の分散体です。アイデア次第でPTFEが有する優れた特性を材料に付与できます。当社のPTFE分散体を様々な材料と組み合わせることで、PTFEが持つ優れた特性を付与することが可能になります。

炭化ケイ素の微粒子分散

炭化ケイ素の微粒子分散

三菱鉛筆は筆記具インクの顔料化を進める中で超微粒子分散技術の開発を進めて参りました。その中で、炭化ケイ素(Silicon carbide, SiC)の液体への分散技術を開発致しました。
炭化ケイ素(SiC)は、高硬度で耐熱性、耐久性に優れていることから、様々な用途へ展開が考えられます。三菱鉛筆の炭化ケイ素分散体は、ニッケル複合メッキ液への添加や研磨・研削材への使用といった用途展開が見込まれます。

焼成(カーボン)

三菱鉛筆はシャープ芯・鉛筆芯の開発を長年に渡り進めて参りました。三菱鉛筆のPFC(Plastic Formed Carbon)は、シャープ芯・鉛筆芯技術により開発したカーボン製品です。PFCは、高強度・高剛性の製品です。またPFCは、カーボンの特徴である電気伝導性・熱伝導性・耐熱性・耐食性・潤滑性・生体親和性・吸着活性などを有します。そのため、広範な分野・用途でのご使用が可能です。

カーボン製造技術/PFCの特長

カーボン製造技術/PFCの特長

三菱鉛筆のPFC(Plastic Formed Carbon):カーボン製品は、カーボンの持つ様々な特性を活かすことによって様々な製品をご提案しております。軽くて剛性がある特性を活かしたカーボン振動版、様々な音響インピーダンスに特性を調整したカーボン整合層、硬く、摺動性を持たせたカーボン摺動材、気孔率、気孔径を調整することによって作るカーボン多孔体、カーボンの導電性と耐薬品性を活かしたカーボン電極など様々な製品をご提案いたします。

微細加工

ボールペンのペン先はインクを安定して流出させるためにペン先をミクロン単位で加工しています。三菱鉛筆はこの微細で精密に加工されたペン先を低コストで大量に生産する技術を長年開発して参りました。このようなボールペンのペン先を生産することで磨いて参りました微細加工技術、精密加工技術、大量生産体制を筆記具以外の製品分野にご提案し、お客様と共に新しい製品を開発して参りたいと考えております。

光ファイバー接続部品(オプティカルコリメーター)

光ファイバー接続部品(オプティカルコリメーター)

三菱鉛筆は、光ファイバーを非常に簡便に接続する高精度・低コストの光コネクターの開発に成功いたしました。このコネクターはボールペン製造時の精密加工技術・大量生産体制に基づいた高精度・低コスト製造技術が活かされています。光通信時代に必須とされる光ファイバーの接続をより簡便化することで、光通信用途の拡大に貢献できる製品です。

三菱鉛筆公式SNSアカウント
Twitter
Twitter
Instagram
Instagram
YouTube
YouTube