ユニ アルファゲル スイッチ

“クルトガモード”と“ホールドモード”を切り替え、使用シーンに合わせて使える

一定の細さ・濃さでキレイな文字を書きたいときには、“クルトガモード”、安定した筆記感でたくさん書きたいときには、“ホールドモード”と切り替えて使うことができます。

商品特長

「芯が回ってトガり続ける」“クルトガモード”と「安定した筆記感」の“ホールドモード”を切り替え

    クリップ部を回すことで、“クルトガモード”と“ホールドモード”に切り替えられることができます。 “クルトガモード”:書くたびに芯が少しずつ回転することにより、芯の先がいつもトガっているので、書いた文字が太ることがなく、キレイに書くことができます。キレイなノートを作りたいという場合に最適です。 “ホールドモード”:文字の太さの違いや濃淡を気にせずに、ノート全面に早くたくさん書きたい場合に、安定した筆記感で書くことができます。暗記等の勉強に最適です。

にぎりやすさを科学したやわらかゲルグリップ

    やわらかくて弾力性のあるアルファゲルをグリップ部に採用しています。 抜群のフィット感と癒されるにぎり心地を実現しています。

uni αGELのやわらか触感は集中力をキープ※

    ※集中力は前頭前野の脳活動の変化から定義づけております。 集中力持続には個人差があり、常に効果を保証するものではありません。

ピタッとしたにぎり心地で、長時間の使用でも快適

    新開発の「ゲルサンドグリップ」の三層構造が生み出すモチッとしたやわらかさとピタッとホールドしたしたにぎり心地で、長時間の使用でも快適に筆記可能です。アルファゲルが、指の圧力をソフトに吸収。さらに、三層目のシリコンゴムが、「握り」をしっかり安定させます。

芯が回ってトガり続ける「クルトガエンジン」搭載

    ゲルサンドグリップ搭載のために、クルトガエンジンをαゲルグリップの後方に配置しています。 性能はそのままに、新設計のクルトガエンジンが誕生しました。 芯の回転は、軸中央の窓の中の色が変わることで確認できます。 〈白→オレンジ→白→・・・〉

クルっと回ってトガった芯をキープ

    書くたびに芯が少しずつ回転します。円すい形に摩耗していきます。
    芯を紙に押しつけて離すと、中ギアが上下。斜めの歯が、芯を少しずつ回転させます。

細く、クッキリ書き続けられる

    芯先の形状がトガっているから、細い文字が続きます。
    芯の粉が出にくいです。

総合カタログ

商品情報にお探しの商品が掲載されていない場合は、全商品をご覧いただけるWEB版「総合カタログ」をご参照ください。

三菱鉛筆公式SNSアカウント
Twitter
Twitter
Instagram
Instagram
YouTube
YouTube