ニュース

2021年08月19日
  • プレスリリース

『JETSTREAM EDGE エキサイトカラー』『JETSTREAM EDGE 3 エキサイトカラー』数量限定発売

  • Facebook
  • Twitter

世界最小ボール径0.28mmを実現した油性ボールペンシリーズから限定軸色が登場!
JETSTREAM EDGE(ジェットストリーム エッジ) エキサイトカラー』
3色モデル『JETSTREAM EDGE(ジェットストリーム エッジ) 3 エキサイトカラー』
~ペンケースの中やファッションでアクセントになるワントーンカラーリング~
9月24日(金)数量限定発売

 三菱鉛筆株式会社(本社:東京都品川区 社長:数原滋彦)は、油性ボールペンの限界に挑戦し、油性ボールペンカテゴリにおいて初めて世界最小のボール径0.28mmを実現した「ジェットストリーム エッジ」 から、アクセントになるワントーンカラーリングの『ジェットストリーム エッジ エキサイトカラー』(参考価格1,100円:税抜 1,000/インク色:黒/ボール径:0.28mm/軸色:全2色)と、3色モデル『ジェットストリーム エッジ 3 エキサイトカラー』(本体参考価格2,750円:税抜 2,500/インク色:黒・赤・青/ボール径:0.28mm/軸色:全2色)を924日(金)に数量限定で発売いたします。

 今回、数量限定で発売する『ジェットストリーム エッジ エキサイトカラー』3色モデル『ジェットストリーム エッジ 3 エキサイトカラー』は、「ジェットストリーム エッジ」の個性をさらに際立たせたデザインで、ペンを使っている手元を見ながら、ワクワクした気持ちになる明るいカラーリングの商品です。

 「ジェットストリーム エッジ」は、201912月に発売して以来、油性ボールペンカテゴリにおいて世界最小の0.28mmの超極細ボール径や、新しいデザインなどでご好評をいただき、年間販売目標を発売後5カ月で達成しました。その後202011月には、3色モデルの「ジェットストリーム エッジ 3」、20212月には、ボール径0.38mmの「ジェットストリーム エッジ 0.38」を発売し、デザイン性のある極細ボールペンとして「ジェットストリーム エッジ」は、細かい部分での筆記や、細密画などイラスト描きの場面で多くお使いいただいています。

ジェットストリームエッジ_エキサイトカラー.jpg

JETSTREAM EDGE(ジェットストリーム エッジ) エキサイトカラー』
JETSTREAM EDGE(ジェットストリーム エッジ) 3 エキサイトカラー』
左から:パッションレッド、エナジーイエロー、サイレントグリーン、オフホワイト


※油性ボールペンカテゴリ20198月時点(当社調べによる)

商品特長

『ジェットストリーム エッジ エキサイトカラー』『ジェットストリーム エッジ 3 エキサイトカラー』

■持ち物の中でアクセントになるワントーンカラーリング

 軸全体で色表現を行った、ペンを使う人と見る人両方をワクワクさせる明るいカラーリングです。
 単色モデルでは、 「ジェットストリーム エッジ」のスタイリッシュな軸デザインと相性が良く、鮮やかで刺激のあるパッションレッド、エナジーイエローを、3色モデルでは、少し落ち着いたサイレントグリーン、オフホワイトのカラーをラインアップしました。グリップ部分が光沢のある明るいメタリックカラーで、軸デザインの中でもアクセントとなっています。

■商品カラーを全面に表現したパッケージ

 商品パッケージ全体からカラーリングを感じ取っていただけるよう、パッケージ全体でカラーリングを表現した紙製のケースとなっています。ケースの窓は大きく取り、軸色を際立たせるようにしています。

パッケージ入り.jpg

■筆記面が見やすい「ポイントチップ」

 リフィルに搭載された「ポイントチップ」は、ペン先にかけてスリムに絞った形状で、細かい筆記作業をする際でもペン先がクリアに見えるようになっています。

ポイントチップ_既存のチップ.jpg

左図:ポイントチップ      右図:既存のチップ

商品特長

『ジェットストリーム エッジ 3 エキサイトカラー』

■新しいリフィル繰出機構 “スピロテック” 機構 *商標登録済み

 通常の多色ボールペンの軸は、リフィルが、定位置にありそこからペン先に向かって繰り出されますが、ボール径0.28mmの繊細なリフィルを筆記性能に影響を与えずに、ペン先に向かって真っすぐ出すため、新機構を開発しました。
 3色のリフィルは、軸後端のダイヤルを回すことで、回転しながら上下に動き、使いたい色が常に一定の位置からペン先に出てきます。
 動作確認用動画:https://www.youtube.com/watch?v=F1KuEu7S4ao

■超極細の書きやすさにこだわり、見た目も新しい、アシンメトリーな “ポイントノーズ” 形状 *商標登録済み

 ペン先は、あえて芯を中心からずらした偏芯形状となっています。

ポイントノーズ形状.jpg

 “スピロテック”機構と一緒に作用し、本体軸に対しリフィルが常に真っすぐペン先に向かって出てくるため、単色軸のような安定した筆記感が得られ、細かい場所へ書き込みやすい仕様となっています。また、デザイン面でも見た目に新しく、ポイントチップとの相性も抜群です。

ペン先芯出し.jpg

【商品概要】

『ジェットストリーム エッジ エキサイトカラー』

商品名

JETSTREAM EDGE(ジェットストリーム エッジ) エキサイトカラー

品 名

SXN-1003-28

インク色

ボール径

0.28mm

軸 色

パッションレッド、エナジーイエロー

参考価格

1本 1,100(税抜 1,000)

替 芯

SXR-203-28(本体参考価格220/税抜 200円)

  

『ジェットストリーム エッジ 3 エキサイトカラー』

商品名

JETSTREAM EDGE(ジェットストリーム エッジ) 3 エキサイトカラー

品 名

SXE3-2503-28

インク色

黒、赤、青

ボール径

0.28mm

軸 色

サイレントグリーン、オフホワイト

参考価格

1本 2,750円 (税抜 2,500円)

替 芯

SXR-203-28(本体参考価格220/税抜 200円)

ご参考

「ジェットストリーム エッジ」 について

■油性ボールペンカテゴリでは世界で初となる、世界最小、超極細のボール径0.28mm※

 従来、油性ボールペンで最も一般的なボール径は細字の0.7mmでしたが、当社の「ジェットストリーム」シリーズでは、極細0.5mmが最も人気のボール径となっています。より小さいボール径0.38mmも人気が高まっており、細字ニーズの高まりがうかがわれます。
 もう一方で、小さいボール径の油性ボールペンの開発は、インクの粘度が水性ボールペンよりも高いため、ボール径を小さくすると、ペン先の耐久性や、書き味が固くなるなどの解決すべき課題が多く、難しいものでした。
 当社では、細字ニーズの高まりに後押しされる形で、技術的に耐久性、筆記性能、書き味の全てを満たす極細0.28mmの実現に向けた開発を鋭意進め、油性ボールペンカテゴリで過去に例のない超極細ボール径0.28mmの発売に至りました。
 商品名の「EDGE(エッジ)」には、「鋭さ」、「切れ味」、「限界」といった意味があり、油性ボールペンの限界を超えた、突出した鋭い特長を持つ「ジェットストリーム」というコンセプトの商品です。
 手帳やノートなどへ、細かい文字での予定やイラストの書き込み、また細密画にも最適です。

「ジェットストリーム」シリーズについて

「クセになる、なめらかな書き味。」というキャッチフレーズで大変ご好評をいただいているなめらか油性ボールペンのシリーズです。国内で2006年に発売し、低粘度油性インクの先駆けとして、速乾性に優れ、細字でもなめらかな書き心地と濃くはっきりと書けるインクが好評です。
 発売以来、軸機能・ボール径・インク色の多様な新機能アイテムを追加し、社会人男女を中心としたさまざまなお客様からご好評いただいております。シリーズ世界販売本数は年間約1億本以上となっています。


※油性ボールペンカテゴリ20198月時点(当社調べによる)

〈報道関係 お問い合わせ先〉
三菱鉛筆株式会社 経営企画室 広報担当

※ 製品に関するお問い合わせは「三菱鉛筆お客様相談室」でお受けしています。TEL 0120-321433

掲載内容は発表日現在のものです。その後に内容が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

三菱鉛筆公式SNSアカウント
Twitter
Twitter
Instagram
Instagram
YouTube
YouTube