<iframe src="https://www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-MWDLL8" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">

COMPANY

世界一の筆記具メーカーを目指して

学生の皆様へ

人事部長 五十嵐 九州男

1887年(明治20年)の創業以来、当社は、「最高の品質こそ最大のサービス」を社是として、お客様に信頼される製品の提供、新しい付加価値の提案を続けてまいりました。近年ではグローバル化のもとに、「世界一の筆記具メーカーになる」ことを目指し、日本国内のみならず、ボーダレス化する世界中の全ての国々へ様々な商品とサービスを提供しております。

「書く」こと/「描く」ことは人類が連綿と培ってきたかけがえのない文化であり、その文化を支えているものこそが“筆記具”(=広い意味での書くこと)と言えます。今後、世界の技術の進歩とともに「書く」/「描く」ための具体的なツールは変容をとげていくかも知れません。

しかしその本質はいつまでも変わりません。 世界にとってかけがえのない思索のツールとしての「書く」/「描く」文化を支え続け、世界中において豊かな社会の実現や、未来の環境を守り続けることに寄与し、貢献し続けることが、当社の使命と考えています。

当社の提供する製品は筆記具のみならず、その高い技術を応用した、分散加工、焼成加工、精密加工、容器設計などを活用し、様々な事業領域へと拡大しつつあります。これは「新しいこと」に常にチャレンジしてきた先輩たちが築き上げてきた、当社の企業DNAともいうべきものの表れとして、実を結びつつあるものなのです。

三菱鉛筆では、「創造性豊かな人」「チャレンジ精神を持っている人」「コミュニケーション能力のある人」を求めています。
当社で働いてみたい、という思いをお持ちの皆さんのご応募をお待ちしております。
皆さんとの新しい出会いをとても楽しみにしております。

就職というものは、人生において大切な岐路となります。
ありのままの自分を大切に、健康に留意しながら悔いのない就職活動を送られることをお祈りしております。

2018年8月
本社が新社屋になりました

新本社は地上6階建てで、本社機能の拡充と共に、意思決定のスピードアップや生産性向上を目的とし、横浜事業所の研究開発や生産管理などの一部組織を新社屋に集約いたしました。「伝統と最先端の技術を持つ、ユニークな企業風土を表現する」が建築デザインコンセプトです。執務フロアはコミュニケーションの活性化のために大部屋とし、ハイブリッド免震等により、建物の安全性を確保しています。

本社外観

本社エントランスホール

本社執務エリア

本社執務エリア(打ち合わせスペース)

本社多目的ホール

群馬工場 研究開発・管理棟

RECOMMENDED!

あなたが「かく」ことで
生まれるものがある。