お客様相談室

お客様相談室

書けなくなった・描線の色が変わった(サインペン)

ペンを立てて保管した場合

サインペンは色の濃さが変わらないよう「横向き」の保管をお勧めしています。
特に顔料の粒が大きなホワイトボードマーカーなどでは、顔料が下に沈むことで、次の現象が起きる場合があります。

ペン先を「上向き」で保管:描線が薄くなる場合があります。

ペン先を「下向き」で保管:ペン先に顔料が詰まり、書けなくなる場合があります。


この現象が起きたときは、半日から数日、ペンを「横向き」に保管することで、回復する場合があります。

当ページをご覧の方は、次のページもご覧になっています。