お客様相談室

お客様相談室

[English]

○○の環境で描線はどうなるのか (描線の耐熱性)

総合カタログの「用途一覧表」以外に、これまで検証した対象物と製品の事例を記します。
あくまでも「事例」ですので、必ず目立たない場所などでお試しになってからご利用ください。

  • 温度
    描線を60分間熱したところ、次の温度まで大きな変化はありませんでした。

    油性ペイントマーカー
    ・200℃まで:PX-20, 21, 30の黒・銀。
    ・180℃まで:PX-30の赤・青・黄、PX-20, 21の灰。
    ・130℃まで:PX-20, 21, 30の金。
    ・他のPX-20, 21, 30は、150℃まで。

    アルコールペイントマーカー
    ・200℃まで:PXA-200, 210, 300の黒、PXA-200の銀。
    ・130℃まで:PXA-200, 210, 300の赤・黄・橙。
    ・他のPXA-200, 210, 300は、150℃まで。

    水性ペイントマーカー(PXW-200-5M)
    ・白・黄・桃は、200℃まで。
    ・他は、130℃まで。
    ※桃・水色・紫は、ある程度退色はしますが、色の識別はできます。

    ポスカ(PC-3M, 5M, 8K, 17K)
    ・黒・赤・黄・緑・橙・茶・水色は、200℃まで。
    ・他は、100℃まで。

    プロッキー(PM-150TR)
    ・ソフトピンクは、150℃まで。
    ・他は、200℃まで。

    ※ご注意
    ・上の結果はインク成分の変更等に伴い、変化する場合があります。参考程度にご覧ください。
    ・記載のない色や製品、記載の温度を超えた性能は、確認をしていません。
    ・当社のインクは耐熱性を重視した設計をしておりません。
    ・熱で色を焼き付ける仕様のサインペンやマーカーは、当社にありません。

当ページをご覧の方は、次のページもご覧になっています。