インクを落としたい・ジェットストリーム

[English]
  • 当社のインクは保存性を重視した設計ですので、衣類や家具などへ付着したインクを落すことは、極めて困難です。
  • クリーニング店や補修専門店へのご相談も、多くの場合「薄くなる程度」までとなります。

ご自身でインク落しをされる場合 《一般的な衣類での落し方》

ご注意
  • インクの種類によって落とし方が異なります。
  • アルコール系溶剤は、火気・換気に注意してください。
  • 洗剤や溶剤(水やアルコール)は、衣類を傷める場合があります。表示を確認し、衣類の端切れや、目立たない箇所で試してから使用してください。
  • 洗剤や溶剤は肌を傷める場合があります。手袋などを着用してください。

用意する材料
  • (弱)アルカリ系洗剤や固形石けん
  • 消毒用などのアルコール系溶剤
  • ぬるま湯、または、水道水
  • タオルなどの「汚してもよい布」 数枚
    ※衣類から「インクを移す布」「インクをたたき出す布」それぞれに使います。

落とし方

インクが広がらないように、インクの付いた箇所をぬるま湯や水で濡らします。

インクを繊維から「もみ出し」ます。

インクの付いた箇所へ洗剤や石けんを付け、繊維からインクを「もみ出す」ように手洗いし、水やぬるま湯ですすぎます。
これを繰り返し、インクが薄くならないようになったら、(3)へ進みます。

溶剤でインクを浮かせ、さらに繊維から「もみ出し」ます。
インクが付いた箇所へアルコール系溶剤を垂らし、(2)と同様に、繊維からインクを「もみ出す」ように手洗いし、水やぬるま湯ですすぎます。
これを繰り返し、インクが薄くならないようになったら、(4)へ進みます。
※(1)(2)をせずに(3)を行うと、インクの付いた箇所が広がります。

溶剤で薄く広がったインクを「汚してもよい布」に移します。

「インクを移す布」の上に、インクが付いた衣類(インクが付いた面を下)を重ねます。
衣類についたインクの周りからアルコール系溶剤を数滴垂らし、すばやく「インクをたたき出す布」で衣類をたたきます。
これを繰り返し、インクがこれ以上落ちないようになったら、水やぬるま湯で十分すすぎます。

洗濯機などで、通常の洗濯をして仕上げます。

   

当ページをご覧の方は、次のページもご覧になっています。

三菱鉛筆公式SNSアカウント
Twitter
Twitter
Instagram
Instagram
YouTube
YouTube