プレスリリース

2013年10月31日
  • プレスリリース

『クルトガ ハローキティ』
『クルトガ替芯 ハローキティ』


“芯が回ってトガり続けるシャープ『クルトガ』と『クルトガ替芯』が、
「ハローキティ」とコラボレーション!


「クルトガ ハローキティ」
「クルトガ替芯 ハローキティ」


2013年11月15日(金) 数量限定発売

 
 三菱鉛筆株式会社(本社:東京都品川区、社長:数原英一郎)は、学生に大好評の“芯が回ってトガり続けるシャープ”『クルトガ』と『クルトガ替芯』が、女子学生中心に人気の高い「ハローキティ」とコラボレーションし、「クルトガ ハローキティ」と「クルトガ替芯 ハローキティ」を11月15日(金)より、数量限定で発売いたします。



© ‘76,‘13 SANRIO APPR.NO.542718

『クルトガ スタンダードモデル ハローキティ』
ピンクリボン(0.3mm)、レッドリボン(0.5mm)、ピンクレトロ(0.5mm)/価格682円
『クルトガ ラバーグリップ付 ハローキティ』
ブラックリボン(0.5mm)/価格892円
『クルトガ替芯 ハローキティ』HB
Rレッド(0.5mm)/価格 262円


【商品特長】
■ 学生に人気のクルトガとハローキティがコラボレーション

 学生から社会人まで幅広い層に支持されているハローキティがデザインされた数量限定商品となっています。手帳カバーやポーチなど女子学生にとって身近なグッズで多く使用されているデザイン、カラーリングを取り込みました。

クルトガと替芯セットでハローキティデザインを持つことができる
 クルトガ替芯からもハローキティデザインが登場、シャープと替芯を統一したデザインでもつ事ができ、ペンケース内もより可愛くなります。


【商品概要】
商品名 クルトガ スタンダードモデル ハローキティ
品名 M3-650KT 1P/M5-650KT 1P
芯径 0.3mm/0.5mm
本体軸色 ピンクリボン(0.3mm)/レッドリボン、ピンクレトロ(0.5mm)
価格 682円(本体価格 650円)

商品名 クルトガ ラバーグリップ付 ハローキティ
品名 M5-856KT 1P
芯径 0.5mm
本体軸色 ブラックリボン
価格 892円(本体価格 850円)

商品名 クルトガ替芯 ハローキティ
品名 ユニ0.5-253KT 1P
芯径/硬度 0.5mm/HB
軸色 Rレッド
替芯入数 20本
価格 262円(本体価格 250円)

【ご参考】
シャープ「クルトガ」の特長
(1)細く、クッキリ書き続けられる

 
シャープ内に、「クルトガエンジン」を搭載することにより、書くたびに芯が少しずつ回転し、円すい形に磨耗していくので、文字を細く、クッキリ書き続けることができます。

―「クルトガエンジン」とは?―
 
シャープの芯先に着目し、当社が新たに開発した機構です。機構内部が3つのギアに分かれており、芯に連結された中ギアが、文字を書くときの筆圧を利用して、上下に運動します。上下のギアと斜めに噛み合うことで、一画書く度に中ギアと芯が少しずつ回転します。一画で9度回転し、40画で1周します。


(2)芯先が紙面に引っかかりにくく、安定した筆記状態が続く
 
芯先が円すい形にトガるため、紙に引っかかりにくく、折れにくくなります。
 安定した筆記状態がずっと続きます。


(3)芯の粉が出ず、紙面を汚さない
 
芯先が崩れにくい形状なので、芯の粉が出にくくなります。
 ノート等の紙面をきれいに保ちます。



「クルトガ替芯」の特長
(1)トガりやすくなめらかな芯

 独自の芯回転機能により、芯が回ってトガり続けるシャープ「クルトガ」で使うと、トガりやすくなめらかに書ける芯です。芯の外側がやわらかいため、芯がトガりやすくなめらかに書くことができます。


<イメージ図>

<筆記時のイメージ図>

<クルトガ替芯の構造>
 従来の芯は、外側が硬く、内側がやわらかい構造になっておりました。それに対してクルトガ替芯は独自の新製法により、芯の内側が硬く、外側がやわらかい構造を作り出しております。
 その為、内側は削れにくく、外側は削れやすいので、トガりやすく、しかもなめらかに書くことができます。
※クルトガ以外のシャープでもご使用いただけますが、芯だけではトガりません。

<報道関係 お問い合わせ先>
三菱鉛筆株式会社 経営企画室 広報担当

※ 製品に関するお問い合わせは「三菱鉛筆お客様相談室」でお受けしています。TEL 0120-321433

掲載内容は発表日現在のものです。その後に内容が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

三菱鉛筆公式SNSアカウント
Twitter
Twitter
Instagram
Instagram
YouTube
YouTube