プレスリリース

2013年10月31日
  • プレスリリース

『クルトガ グラデーションカラー』『クルトガ替芯』 新硬度「2B」


“芯が回ってトガり続けるシャープ『クルトガ』から、“男子学生”向け新色登場!

ビビッドカラーとブラックを組み合わせた『グラデーションカラー』
11月15日(金)数量限定発売

トガりやすくなめらかな芯『クルトガ替芯』に新硬度「2B」追加!

11月15日(金)発売


 三菱鉛筆株式会社(本社:東京都品川区、社長:数原英一郎)は、学生に大好評の“芯が回ってトガり続けるシャープ”、『クルトガ スタンダードモデル』(472円/芯径0.5mm)より、スポーツグッズのデザインなどにも用いられ、男子学生に人気が高いビビッドカラーとブラックを組み合わせたデザイン「グラデーションカラー」を11月15日(金)から全国で数量限定発売いたします。
 クルトガに使用することで、よりトガリやすくなめらかに書ける芯『クルトガ替芯』(210円/芯径0.5mm)より、従来のHB/Bに新硬度を加えた「クルトガ替芯 2B」を、11月15日(金)から全国で発売いたします。
 独自の芯回転機構が特長の『クルトガ』は、勉強でシャープをハードに使用する学生を中心に高く評価され、2008年3月の発売より、シリーズトータルで既に4千万本以上を売り上げています。




『クルトガ スタンダードモデル』(価格 472円/芯径0.5mm)
グラデーションブルー、グラデーションイエロー
『クルトガ替芯 2B』(価格210円/芯径0.5mm)


【商品特長】
■ ビビッドカラーとブラックの「グラデーションカラー」

 男子中高生に身近なスポーツグッズのデザインなどにも多く用いられる、ビビッドカラーとブラックのカラーリングを、クルトガのボディに似合うようにグラデーションで表現しています。2013年7月に発売し、大好評だった「ブライトカラー」に続く男子向け新色です。

トガりやすくなめらかな「クルトガ替芯」学生に人気のラインナップ拡充
 クルトガに使用することで、よりトガりやすくなめらかに書くことができる「クルトガ替芯」は、従来のHB/Bのラインナップにこのたび2Bを追加します。学生に人気の硬度を3種類展開することで、シャープペンを頻繁に使う学生に対し、より選択肢を広げます。


<クルトガ替芯の構造>
 従来の芯は、外側が硬く、内側がやわらかい構造になっておりました。それに対してクルトガ替芯は独自の新製法により、芯の内側が硬く、外側がやわらかい構造を作り出しております。
 その為、内側は削れにくく、外側は削れやすいので、トガりやすく、しかもなめらかに書くことができます。
※クルトガ以外のシャープでもご使用いただけますが、芯だけではトガりません。


<イメージ図>

<筆記時のイメージ図>

【商品概要】
商品名 クルトガ スタンダードモデル
品名 M5-450 1P
芯径 0.5mm
本体軸色 グラデーションブルー、グラデーションイエロー
価格 472円(本体価格 450円)

商品名 クルトガ替芯
品名 ユニ0.5-203
芯径/硬度 0.5mm/2B
替芯入数 20本
ケース色 ブルー
価格 210円(本体価格 200円)


【ご参考】
シャープ「クルトガ」の特長
(1)細く、クッキリ書き続けられる

 
シャープ内に、「クルトガエンジン」を搭載することにより、書くたびに芯が少しずつ回転し、円すい形に磨耗していくので、文字を細く、クッキリ書き続けることができます。

―「クルトガエンジン」とは?―
 
シャープの芯先に着目し、当社が新たに開発した機構です。機構内部が3つのギアに分かれており、芯に連結された中ギアが、文字を書くときの筆圧を利用して、上下に運動します。上下のギアと斜めに噛み合うことで、一画書く度に中ギアと芯が少しずつ回転します。一画で9度回転し、40画で1周します。


(2)芯先が紙面に引っかかりにくく、安定した筆記状態が続く
 
芯先が円すい形にトガるため、紙に引っかかりにくく、折れにくくなります。
 安定した筆記状態がずっと続きます。


(3)芯の粉が出ず、紙面を汚さない
 
芯先が崩れにくい形状なので、芯の粉が出にくくなります。
 ノート等の紙面をきれいに保ちます。

<報道関係 お問い合わせ先>
三菱鉛筆株式会社 経営企画室 広報担当

※ 製品に関するお問い合わせは「三菱鉛筆お客様相談室」でお受けしています。TEL 0120-321433

掲載内容は発表日現在のものです。その後に内容が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

三菱鉛筆公式SNSアカウント
Twitter
Twitter
Instagram
Instagram
YouTube
YouTube