ニュース

2022年04月14日
  • プレスリリース

『uni 学習・丸つけ用 赤青7:3えんぴつ』新発売

  • Facebook
  • Twitter

丸つけ用途に最適 よく使う赤を7、青を3の割合に配合した
『uni 学習・丸つけ用 赤青7:3えんぴつ』
4月20日(水)新発売

 三菱鉛筆株式会社(本社:東京都品川区 社長:数原滋彦)は、丸つけ用途に最適な転がりにくい六角軸で、使用頻度の高い赤鉛筆を7、青鉛筆を3の割合に配合した『uni 学習・丸つけ用 赤青7:3えんぴつ』(参考価格:198円 (税抜 180円)/3Pパック、792円 (税抜 720円)/1ダース)を、4月20日(水)に新発売いたします。

 当社で2019年9月から発売している『uni 学習・丸つけ用 赤青えんぴつ』は、発色の良さ、転がりにくい六角軸が児童と保護者の方からご好評いただいております。
 このたび発売する『uni 学習・丸つけ用 赤青7:3えんぴつ』は、赤と青の比率を7:3としており、赤の使用が多い方にとって、おすすめの商品です。
 芯は、赤(Red)と藍(Prussian Blue)を採用しております。赤(Red)は線の色が濃く、ノート等へ書き込んだ文字の視認性に優れているため、丸つけや重要な箇所を囲うなど色分け学習用途にも適しています。
 学習の時の丸つけは、一度目は赤鉛筆で、二度目の丸つけは青鉛筆で行われることが多いため、今回新発売の赤青鉛筆は使用用途に合わせて2色を使い分けるのに最適です。
 また軸形状は、鉛筆と同じように持てる六角軸にしています。六角軸は3点で押さえる鉛筆の正しい持ち方の練習がしやすく、転がりにくいという利点があります。

uni 学習・丸つけ用 赤青7:3鉛筆.jpg

『uni 学習・丸つけ用 赤青7:3えんぴつ』

商品特長

■赤と青の割合が、7:3

 使用頻度の高い赤色を多く、赤を7、青を3の割合で配合している赤青えんぴつです。

■転がりにくく、正しい持ち方が学びやすい六角軸

 正しい持ち方の練習がしやすく、軸が机上で転がりにくい六角軸にしています。パッケージの裏面に「えんぴつの正しいもち方」を図解で分かりやすく説明しています。

■視認性に優れた“赤”えんぴつ

 芯色は、伝統的に用いられてきた朱(Vermilion)よりも、より筆記した描線が濃く、視認性に優れている赤(Red)を用いています。重要な箇所の色分け学習をした際に、より見分けやすくなっています。

■学童向けになまえ欄を用意

 小学校では鉛筆1本ごとに名前の記入が求められることがあるため、軸に「おなまえ欄」を設けています。

えんぴつの正しい持ち方.jpg

視認性に優れた“赤”えんぴつ.png

【商品概要】

商品名 uni 学習・丸つけ用 赤青7:3えんぴつ
品 名 uni 学習・丸つけ用 赤青7:3えんぴつ
赤(Red)、藍(Prussian Blue)
参考価格 (3Pパック) 198円 (税抜 180円)
(1ダース)  792円 (税抜 720円)

〈報道関係 お問い合わせ先〉
三菱鉛筆株式会社 経営企画室 広報担当

※ 商品に関するお問い合わせは「三菱鉛筆お客様相談室」でお受けしています。TEL 0120-321433

掲載内容は発表日現在のものです。その後に内容が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

三菱鉛筆公式SNSアカウント
Twitter
Twitter
Instagram
Instagram
YouTube
YouTube