ニュース

2021年11月15日
次の記事
  • プレスリリース

『鉛筆の資源循環システム』で協業、再利用しやすい「フォレストサポーター鉛筆」を開発

  • Facebook
  • Twitter

日本郵便、サカタのタネ、品川区教育委員会、三菱鉛筆 
『鉛筆の資源循環システム』で協業
・再利用しやすい「フォレストサポーター鉛筆」を開発
1115日(月)から東京都品川区内にて実証実験開始

 日本郵便株式会社東京支社(以下、日本郵便)、株式会社サカタのタネ(以下、サカタのタネ)、品川区教育委員会、三菱鉛筆株式会社(本社:東京都品川区 社長:数原滋彦)(以下、三菱鉛筆)は、4社協業での取り組み「鉛筆の資源循環システム」の実証実験を1115日(月)より開始します。
 品川区立の小学校・義務教育学校の11校と品川郵便局で実施します。

 「鉛筆の資源循環システム」とは、木材を主材料とする“鉛筆”を使い終わった後に回収し、棒状肥料やバイオマス発電として再利用をするシステムです。三菱鉛筆では、再生利用しやすい“鉛筆” として国産ヒノキ材から「フォレストサポーター鉛筆」を開発いたしました。通常、“鉛筆”は、短くなるまで使用された後は、捨てられ、ごみとして処理されますが、「フォレストサポーター鉛筆」は使用後に棒状肥料へ再生利用が可能です。

 本システムは、まずは品川郵便局配達区域内の小学校・義務教育学校の11校と品川郵便局を対象に使用済み鉛筆回収箱を設置し、実証実験として運用を開始します。「フォレストサポーター鉛筆」以外に従来の鉛筆も回収可能で、通常の鉛筆はバイオマス発電として再利用します。
 また、品川郵便局において1115日(月)から「フォレストサポーター鉛筆」のテスト販売を開始します。

 「鉛筆の資源循環システム」により、“学ぶ”時に初めて手にする鉛筆で“資源循環”を体験し、実感してもらうことを目指しています。

鉛筆循環図説明図(HP用).jpg

『鉛筆の資源循環システム』

フォレストサポーター鉛筆について

 “鉛筆”は一般的にアメリカ・カルフォルニア州で育つインセンスシダーなどが使われており、現在では国産材はほとんど使われていません。
  このたび、三菱鉛筆は、「美しい森林づくり推進国民運動 フォレスト・サポーターズ」を運営している公益社団法人国土緑化推進機構の協力を得て、フォレストサポーター鉛筆を開発しました。「フォレストサポーター鉛筆」では、管理された国産のヒノキ材を使っています。
 今回の実証実験では、回収箱を設置した学校に「フォレストサポーター鉛筆」を配布し、同時に品川郵便局にてテスト販売をします。

 設置する回収箱は、今回開発した「フォレストサポーター鉛筆」と従来の鉛筆を分別回収いたします。
 回収箱に集められた使用済みの「フォレストサポーター鉛筆」は日本郵便が回収し、三菱鉛筆内で木粉化されたのち、サカタのタネの開発協力を得て棒状肥料として加工後、回収箱を設置してくれた学校に無償配布します。
 従来の鉛筆は、バイオマス発電で電気として利用します。

ペンシルポスト.jpg

回収箱 「ペンシルポスト」

 

 正しく持つことができる長さまで芯が入っており、後端に芯が入っていない鉛筆です。使い終わると芯が含まれておらず、自然由来の接着材と塗料を使っているため、再利用しやすいという利点があります。

FS鉛筆_説明図.jpg

「フォレストサポーター鉛筆」

 

 品川地区にて実証実験を行い、「品川モデル」を構築した後、徐々に展開地区を拡大していく予定です。

〈報道関係 お問い合わせ先〉
三菱鉛筆株式会社 経営企画室 広報担当

※ お客様からのお問い合わせは「三菱鉛筆お客様相談室」でお受けしています。TEL 0120-321433

掲載内容は発表日現在のものです。その後に内容が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

三菱鉛筆公式SNSアカウント
Twitter
Twitter
Instagram
Instagram
YouTube
YouTube