お客様相談室

お客様相談室

クルトガ[KURU TOGA]の芯が回らない

b) 芯が短くなった場合

クルトガは、文字を書くときの筆圧を利用して、「内部機構と繋がった芯」が一画書く度に少しずつ回転し芯の先が尖ります。そのため、短くなって「内部機構から離れた芯」は、回転しても「芯の先を尖らせる抵抗」を内部機構で支えられないため、筆圧で元に戻ってしまう(回転しきらない)場合があります。

対処方法
  • ペン先を下向きにノックを繰り返して、短い芯が機構から排除され、次の芯が出てきたことを確認してから再度ご使用ください。
  • 芯が芯ケースに入っていない場合は、ペンの後ろ側から替芯を3本以内で補充してから、短い芯を繰り出してください。

当ページをご覧の方は、次のページもご覧になっています。