サインペン・マーカーの歴史が知りたい

油性マーカー

油性マーカーは、第二次世界大戦中のアメリカで製造され、国産品は1953年に発売されたのが最初です。油性のためガラスや金属に書けるという特長を持ち、広く普及しました。


水性サインペン

1963年に国産の水性マーキングペンが発売され、サインペンと命名されたのが最初です。

当ページをご覧の方は、次のページもご覧になっています。

三菱鉛筆公式SNSアカウント
Twitter
Twitter
Instagram
Instagram
YouTube
YouTube