インクを落としたい [油性マーカー]

  • 当社のインクは保存性を重視した設計ですので、衣類や家具などへ付着したインクを落すことは、極めて困難です。
  • クリーニング店や補修専門店へのご相談も、多くの場合「薄くなる程度」までとなります。

ご自身でインク落しをされる場合

ご注意
  • インクの種類によって落とし方が異なります。
  • アルコール系溶剤は、火気・換気に注意してください。
  • 溶剤は、衣類を傷める場合があります。表示を確認し、衣類の端切れや、目立たない箇所で試してから使用してください。
  • 溶剤は肌を傷める場合があります。手袋などを着用してください。
b-1) ピース、ピン、パワフルネーム

布(綿100%)に書いた場合

ついた部分が広がらないように、しみ抜きの要領で下に布を敷き、上から消毒用などのアルコール系溶剤をたらしてインクを落とします。(薄くなる程度)

ガラス、金属、プラスチックに書いた場合
布やティッシュ、細かな箇所では綿棒などに消毒用などのアルコールを含ませ拭き取ります。なお、プラスチックはアルコールに触れると変質する場合があるため、できるだけ短時間で、もしくは、アルコールを使用せずに拭き取る方法をお勧めします。また、消しゴムを仕上げに使うと、表面の細かな凹凸に残ったインクが取れる場合もあります。

b-2) ペイントマーカー

布(綿100%)に書いた場合

インクが乾いてから、固まっている部分をもみほぐして落とした後、ついた部分が広がらないように、しみ抜きの要領で下に布を敷き、上から消毒用などのアルコール系溶剤をたらしてインクを落とします。(薄くなる程度)

ガラス、金属、プラスチックに書いた場合
布やティッシュ、細かな箇所では綿棒などに、消毒用などのアルコール系溶剤を含ませ拭き取ります。なお、プラスチックはアルコールに触れると変質する場合があるため、できるだけ短時間で、もしくは、アルコールを使用せずに拭き取る方法をお勧めします。また、消しゴムを仕上げに使うと、表面の細かな凹凸に残ったインクが取れる場合もあります。

b-3) ホワイトボード用マーカー

※他のマーカーでホワイトボードに書いた場合は、ホワイトボードのインクを落としたいをご覧ください。

布(綿100%)に書いた場合

ついた部分が広がらないように、しみ抜きの要領で下に布を敷き、上から消毒用などのアルコール系溶剤をたらしてインクを落とします。(薄くなる程度)

ガラス、金属、プラスチックに書いた場合
布やティッシュ、細かな箇所では綿棒などに、消毒用などのアルコール系溶剤を含ませ拭き取ります。なお、プラスチックはアルコールに触れると変質する場合があるため、できるだけ短時間で、もしくは、アルコールを使用せずに拭き取る方法をお勧めします。また、消しゴムを仕上げに使うと、表面の細かな凹凸に残ったインクが取れる場合もあります。

ボード面を綺麗にしたい場合
タオルなどでボード面を水拭きします。

当ページをご覧の方は、次のページもご覧になっています。

三菱鉛筆公式SNSアカウント
Twitter
Twitter
Instagram
Instagram
YouTube
YouTube