不具合の原因 [シャープ・芯ホルダー]

芯ホルダー(ユニホルダー)をご使用の場合

  • 芯ホルダー(ユニホルダー)は、一般的な「ノックで一定量が繰り出される」シャープとは異なり、軸に収納された芯が「自重で落下する」機構をしています。そのため、ノックしている間、芯が下に向かって動く現象は不具合ではありません。
  • 現在製造している芯ホルダーの芯の太さは、2.0mmです。しかし、1990年までに販売された2B,3B,4Bは2.3mmでした。芯ホルダーと芯の太さが合わないと、芯が出てこなかったり、ノックをしなくても芯が止まらない現象が起きます。

当ページをご覧の方は、次のページもご覧になっています。

三菱鉛筆公式SNSアカウント
Twitter
Twitter
Instagram
Instagram
YouTube
YouTube