カラーコピーに使い易いペンを知りたい

写真はトナーで印刷をする一般的なカラープリンター(カラーコピー機)から出力したPPC用紙(コピー用紙)へ、様々な赤インクで筆記した例です。 一般的なトナーは、発色剤やワックスなどを含んだ微細な合成樹脂(プラスチック)で印刷をします。そのため、トナーがインクを弾いたり、ボールペンではボールがスリップして回りにくくなったりすることで、インクの載りは悪くなります。

おすすめは鮮やかな発色で濃い色の上にも書ける「ポスカ」です。ペイントマーカー(油性マーカー)も同じように書けますが、紙の裏にインクが写ってしまうのでご注意ください。

三菱鉛筆公式SNSアカウント
Twitter
Twitter
Instagram
Instagram
YouTube
YouTube