お客様相談室

お客様相談室

下書きを消すとインクが薄くなる

鉛筆やシャープで下書きをしてから、ボールペンやサインペンを使うと、次のような不具合が起きる場合があります。

①下書きを 後から消す 場合

上のイラストは、下書きの上にペンで書いた紙を横から見たイメージです。ボールペンやサインペンのインクは、下書きの鉛筆やシャープの芯(描線)に重なって紙面に乗ります。そのため、下書きを消しゴムで消そうとしてもインクがあるため消えにくく、消える時はボールペンやサインペンのインクも一緒に紙面から離れるため、インクの色が薄くなります。
※インクの種類によっては、芯の消える程度は異なります。

②下書きを 消してから書く 場合 ※ボールペンのみ

鉛筆やシャープで下書きした紙面は筆圧がかかり、上の写真の「非常に平滑な紙(ツルツルした紙面)」のように、ボールが紙の上で回転せずスリップしてしまい、インクが紙面へ乗りにくくなる場合があります。

当ページをご覧の方は、次のページもご覧になっています。