マークシート用について知りたい[鉛筆・消しゴム]

ご注意

  • 筆記具の選定は、各試験の実施要領や読み取り装置のご使用方法に準じてください。

なぜマークシートにシャープは使えないのか?

  • 鉛筆とシャープの芯の違い
    鉛筆の芯は黒鉛と粘土を焼き固めたものです。一方、シャープの芯は、粘土の代わりにプラスチックを使用することで、粘土を使ったときにはできないような高い強度(硬さ)を実現しています。そのため、同じHBの濃さでも、シャープの芯は鉛筆よりも硬くできています。※色芯の製法は異なります。
  • 芯の違いによる影響
    マークシートの一般的な読み取り装置(OMRやOCRなど)では、マークシートへ照射した光の反射を読み取り、判別や識別をします。そのため、芯の違いにより次の影響が考えられます。
    ①鉛筆との材質の違いにより、シャープの芯の描線は、鉛筆よりも光を反射しやすいため、装置で読み取り難くなります。
    ②鉛筆よりもシャープの芯は硬いため、マークシートを凹ませ易く、正しい反射をしないことがあります。
    これらより、多くのマークシートでは、鉛筆の利用を推奨しています。

マークシート用鉛筆について

  • 細かな個所を続けて塗り潰すマークシート用紙に対して適性を高めた鉛筆です。芯の材料を均一な粒子にし、さらに特殊オイルを配合することで、鉛筆ユニよりも軽い力で濃く書け、その結果、芯も減りにくくなります。また、特殊オイルの配合で、消しゴムでより消し易い性能も持っています。

マークシート用消しゴムについて

  • マークシート用紙の細かな個所を消し易く、また、他の記入箇所まで消すことを防ぐようにした消しゴムです。形状を細長にし、さらに消しゴムの先が変形しにくいよう硬めに調整しています。

当ページをご覧の方は、次のページもご覧になっています。

三菱鉛筆公式SNSアカウント
Twitter
Twitter
Instagram
Instagram
YouTube
YouTube