プレスリリース

2021年05月12日
  • プレスリリース

シャープペンシル『アドバンス』からアクセントが光るカラーリングの限定軸色 数量限定発売

文字の濃さも、太さもずっと同じ。キレイな文字が書けるシャープペンシル『アドバンス』
アクセントが光るカラーリングの限定軸色が登場!
5月25日(火)数量限定発売

 三菱鉛筆株式会社(本社:東京都品川区 社長:数原滋彦)は、長時間書き続けても文字の濃さも太さもずっと同じキレイな文字が書けるシャープペンシル『ADVANCE(アドバンス)』シリーズに限定軸色3色(参考価格 605円:税抜 550円/芯径:0.3mm/全1種、参考価格 605円:税抜 550円/芯径:0.5mm/全2種)を525日(火)に数量限定で新発売いたします。

 『アドバンス』は、シャープのヘビーユーザーである学生の「文字をキレイに書きたい」「芯先の偏減り(かたべり)や芯折れを気にせずに、集中して学習をしたい」というニーズに対応し、当社がこれまでに培った技術を結集して開発した商品です。文字の濃さも太さも変わらない「キレイな文字が書けるシャープ」として、20173月に芯径0.5mm12月に芯径0.3mmを発売しました。
 このたびは、軸色のコントラストや各パーツのアクセントカラーが楽しめる、パステルブルー(PTブルー)、マニッシュピンク(MNピンク)、ソフトブラック(SFブラック)の3色を用意しました。芯径は、0.3mm0.5mm2タイプをラインアップしています。

クルトガコレクション_アドバンス_202105.jpg

『アドバンス』限定軸色
左から:PTブルー(芯径:0.3mm
           MNピンク、SFブラック(芯径:0.5mm

商品特長

■個性的な色の組み合わせの軸色全3色をラインアップ

 各パーツの組み合わせは、ピンクと黒、黒い軸に黄緑のリングを入れるなど、色のコントラストやアクセントが楽しめるカラーリングになっています。

M55591P.MNP_01(加工済).jpg

■『アドバンス』に搭載された文字がキレイに書ける機構

濃さも太さも変わらない「キレイな文字」を書くための三つのポイント。

2倍の速さで芯が回転する機構によって、濃さも太さもずっと変わらずキレイな文字を書き続けられる
 『アドバンス』に搭載している自動芯回転機構は、『クルトガ スタンダードモデル』と比べて2倍速く回る20歯のギアを使用した「Wスピードエンジン」です。
 芯が回転しない通常のシャープでは、芯先が「偏減り」しやすい、字画が少なく1画の線が長い字(カナや英字)でも、均一な描線を書くことができます。また、2Bなどの濃く軟らかい芯を使用した場合も、通常のシャープと比べて文字がつぶれずにはっきりと書くことができます。

精巧に加工したパーツが、クルトガ特有のペン先の振動を抑制するため筆記感が安定
 自動芯回転機構は、書くたびに芯を回転させるため、芯先が紙から離れるたびにギアが上下に動いています。先端部品の口金を精巧に加工した金属パーツにすることで、振動が抑制されて筆記感が安定します。

芯折れ防止機構を搭載しているため芯が折れにくく、集中できる
 芯先を先端パイプから出さなくても筆記可能なスライドパイプが筆記時の芯折れを防ぎます。これにより『アドバンス』は筆記途中に芯が折れて集中力が途切れてしまう、ノートが汚れるなどのストレスを感じることなく筆記することが可能です。
 スライドパイプは芯と連動して先端パイプがスライドするため、1回のノックでパイプが短くなるまで、継続的に長時間にわたって書き続けることができます。「芯折れ防止機能」は芯が先端パイプから出ていない状態に限り、効果を発揮します。テストや授業など、集中を持続させたいシーンでの使用にもおすすめです。

■クリップ・ノックカバーに金属製パーツを使用し、耐久性を向上

 メッキ加工した金属製のクリップ・ノックカバーを使用しています。クリップでノートや教科書などを挟む際の耐久性も向上しております。

クルトガコレクション_アドバンス_イメージ.jpg

【商品概要】

商品名

ADVANCE(アドバンス)

品 名

M3-559 1P 

芯 径

0.3mm

軸 色

PTブルー(限定)

参考価格

1本 605円(税抜 550円)

商品名

ADVANCE(アドバンス)

品 名

M5-559 1P 

芯 径

0.5mm

軸 色

MNピンク、SFブラック(いずれも限定)

参考価格

1本 605円(税抜 550円)

〈報道関係 お問い合わせ先〉
三菱鉛筆株式会社 経営企画室 広報担当

※ 製品に関するお問い合わせは「三菱鉛筆お客様相談室」でお受けしています。TEL 0120-321433

掲載内容は発表日現在のものです。その後に内容が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

三菱鉛筆公式SNSアカウント
Twitter
Twitter
Instagram
Instagram
YouTube
YouTube