プレスリリース

2017年01月12日
  • プレスリリース

『ユニボール シグノ 307』 2016年日経優秀製品・サービス賞 最優秀賞 日経MJ賞 受賞!

【世界初】
次世代素材「セルロースナノファイバー」を実用化したボールペン

『ユニボール シグノ 307』

2016年日経優秀製品・サービス賞

最優秀賞 日経MJ賞 受賞


 三菱鉛筆株式会社(本社:東京都品川区、社長:数原英一郎)が2015年3月から北米で先行発売し、2016年5月から日本国内で販売を開始したゲルインクボールペン『ユニボール シグノ 307』は、この度『2016年日経優秀製品・サービス賞 最優秀賞 日経MJ賞』を受賞いたしました。

【受賞対象製品】
「ユニボール シグノ 307」

■『ユニボール シグノ 307』とは
 近年、世界的な注目を集める“日本発の新素材”「セルロースナノファイバー(CNF)」をゲルインクの粘度調整剤として配合し、世界で初めて実用化に成功したゲルインクボールペンです。2015年3月から北米で先行発売し、2016年5月から日本国内で販売を開始しています。CNFをゲルインクの粘度調整剤として配合することで、インクの粘度が適切に変化するため、インク溜りができずしっかりときれいな描線を書くことができるようになりました。また、速乾性にも優れているため、かすれにくくなめらかな書き味です。
 2016年5月に三重県で開催された『伊勢志摩サミット』では、『ユニボール シグノ 307』の提供を通してG7首脳・代表団をはじめとした世界各国のサミット来訪者へ、日本の高い技術力をアピールしました。


 

『ユニボール シグノ 307』シリーズ


【商品概要】
 
商品名 ユニボール シグノ 307
品名 UMN-307-38/UMN-307-05/UMN-307-07/UMN-307C-38
ボール径 0.38mm/0.5㎜/0.7㎜
インク色 黒・赤・青
価 格 本体価格200円+消費税
替  芯 UMR-83E(0.38㎜)/UMR-85E(0.5㎜)/UMR-87E(0.7㎜)
本体価格80円+消費税



 


■「2016年日経優秀製品・サービス賞」とは
 「日経優秀製品・サービス賞」は日本経済新聞社が毎年1回、特に優れた新製品・新サービスを表彰するもので、1982年に始まり、今年で35回目の開催となります。
 受賞製品・サービスは、2016年に日本経済新聞、日経産業新聞、日経MJ、日経ヴェリタス、日経電子版、Nikkei Asian Reviewに掲載された約2万点の新製品・新サービスの中から選定されます。審査基準は、①技術開発性、②価格対効果性、③業績寄与度、④成長性、⑤独自性、⑥産業・社会へのインパクトの6項目で、今回は41の新製品・新サービスが受賞いたしました。

■関連リンク先
http://www.nikkei.com/edit/news/special/newpro/2016/

〈ご参考〉
■セルロースナノファイバー(CNF)とは
 セルロースナノファイバーは、近年世界的に注目を集めている“日本発の新素材”です。紙などの原料と同じパルプをナノサイズまで細かくほぐした植物由来の新素材で、「日本再興戦略」における林業の成長産業化の1つとしても位置づけられており、研究開発が推進されています。
 2015年、東京大学 磯貝明教授がCNFの研究で「森のノーベル賞」と呼ばれる「マルクス・ヴァレンベリ賞」をアジア人初受賞したことでも話題を呼び、さまざまな産業で実用化が期待されています。
 そのような中、当社が2015年3月から北米で発売開始したゲルインクボールペン『ユニボール シグノ 307』はインクに粘度調整剤としてセルロースナノファイバーを配合し、“速書きでもかすれない、なめらかな書き味”を実現しました。セルロースナノファイバーの世界で初めての実用例として、注目されています。
 

<報道関係 お問い合わせ先>
三菱鉛筆株式会社 経営企画室 広報担当

※ 製品に関するお問い合わせは「三菱鉛筆お客様相談室」でお受けしています。TEL 0120-321433

掲載内容は発表日現在のものです。その後に内容が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

三菱鉛筆公式SNSアカウント
Twitter
Twitter
Instagram
Instagram
YouTube
YouTube