プレスリリース

2014年08月07日
  • プレスリリース

工業用『アルコールペイントマーカー』

新開発!環境にやさしく描線性能を両立した、アルコール系インク搭載

工業用『アルコールペイントマーカー』

~インクの主溶剤を“キシレン”(VOC13物質)から、“アルコール系溶剤”に変更~
~速乾性・固着性など描線性能に優れ、工場や製造現場でのマーキングに最適~


2014年8月7日(木)新発売

 
 三菱鉛筆株式会社(本社:東京都品川区 社長:数原英一郎)は、金属・ゴム・プラスチック・ガラスなどに筆記でき、優れた描線性能を持つペイントマーカーに、“アルコール系溶剤”を主溶剤とする新開発インクを搭載した『アルコールペイントマーカー』(本体価格200円+消費税/全14色)を8月7日(木)より発売いたします。


開発の経緯

 ペイントマーカーは、紙以外の様々な素材に筆記でき、速乾性・固着性・耐熱性・耐水性などに優れていることから、自動車工場をはじめ各種工場などの製造現場において、作業時のマーキングに用いられています。従来のペイントマーカーは、“キシレン”を主溶剤とすることで、これらの描線性能を実現してきました。

 近年、大手自動車工場などでは、環境や人体に影響を及ぼす可能性を指摘されているVOC13物質を減らすため、環境に配慮した材料や副資材を採用する傾向が高まっております。キシレンはVOC13物質の1つに含まれており、ペイントマーカーにおいてもそれを省いた商品が望まれておりました。

 2012年4月に“水”を主溶剤とした『水性ペイントマーカー』を発売し、VOC13物質を含む揮発性有機溶剤を大幅削減したことで、好評を頂いております。一方で、水性インクは従来よりも描線の乾燥に時間がかかるため、作業時間を短縮したい現場から、より速乾性が高いペイントマーカーを求められていました。

 そこで、このたび新発売する『アルコールペイントマーカー』は、“アルコール系溶剤”を主溶剤としたインクの新開発に成功しました。それにより、「環境・安全」に配慮しながら、速乾性・固着性・耐熱性・耐水性などの優れた「描線性能」を実現しております。





『アルコールペイントマーカー』(本体価格200円+消費税/インク色:全14色)


ペイントマーカー1  ペイントマーカー2
<用途イメージ>


商品特長

≪新開発!環境と性能を両立したアルコールペイントマーカー≫

■ 環境・安全性に配慮したアルコール系インク
 ・アルコール系溶剤を主溶剤とし、環境・安全面に配慮したインクを使用しています。
 ・刺激臭が少なく、作業者の健康にも配慮しています。


■ 固着性・速乾性に優れ、工業用途に最適
 ・金属、ゴム、プラスチックにも筆記でき、鮮やかに発色するため、製造現場において様々な部材にマーキングするのに適しています。
 ・描線の速乾性に優れ、作業時間を短縮したい製造現場のニーズにお応えしています。


ペイントマーカー2   ペイントマーカー3   ペイントマーカー4


■ 耐熱性・耐水性など優れた描線性能
 ・熱、擦過、水分など様々な環境下で作業する工程でも、描線が劣化しづらい耐熱性、耐光性、耐水性を備えています。

■ 現場の作業性に配慮した新キャップ採用
 ・キャップの勘合性を従来よりも高め、ペン先が乾いたり、ペンを振る時にキャップが飛んだりしません。
 ・キャップを本体軸の後端に差すことが出来るので、キャップの置き場に困りません。

『アルコールペイントマーカー』の初年度販売目標は、約1億円を見込んでおります。



『アルコールペイントマーカー』使用イメージ



【商品概要】
商品名 アルコールペイントマーカー
品 名 PXA-200
描線幅 2.2~2.8mm
インク色 黒・赤・青・茶・黄・黄緑・緑・紫・橙・桃・水色・白・金・銀 全14色   
価 格
本体価格 200円+消費税
替 芯 PXAS-200(本体価格50円+消費税) ※3本入り


≪ご参考≫
■ VOC13物質について

 VOC(揮発性有機化合物)は、常温常圧で大気中に揮発する有機化合物の総称です。
シックハウス症候群などの一要因として、人体や環境に影響を及ぼす可能性があると指摘されており、厚生労働省は、キシレン、トルエン、ホルムアルデヒドなど13物質の室内濃度指針値を定めています。
 自動車業界では、「車室内VOC低減に対する自主取り組み」が策定され、環境に配慮した材料や副資材を採用する傾向が高まっております。

<報道関係 お問い合わせ先>
三菱鉛筆株式会社 経営企画室 広報担当

※ 製品に関するお問い合わせは「三菱鉛筆お客様相談室」でお受けしています。TEL 0120-321433

掲載内容は発表日現在のものです。その後に内容が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

三菱鉛筆公式SNSアカウント
Twitter
Twitter
Instagram
Instagram
YouTube
YouTube