三菱鉛筆博物館

  • uniの歴史
  • プレミアムグッズギャラリー
  • えんぴつ工場見学
    • えんぴつが出来るまで
    • 色えんぴつが出来るまで
  • えんぴつなんでもQ&A
    • えんぴつの歴史
    • えんぴつのナゾを解く
    • えんぴつの豆知識

uni の歴史 HISTORY OF ‘uni’

1958年に誕生し、今なお多くの人たちに愛用され続けているuni。高級鉛筆のスタンダードとして、歴史とともに改良を遂げてきたuniの歴史を振り返ります。

1958年 高級鉛筆uni誕生

1953年、海外の鉛筆事情を視察するために欧米をまわった、当時の三菱鉛筆技術部長 数原洋二は、日本の鉛筆に対する評価が意外に低いという事実を知った。この体験から、名実ともに日本の鉛筆が海外からも評価されるためには、輸入品の影響から脱したオリジナリティのある高級鉛筆を開発しなけらばならない、と決意を抱く。当時の開発者達が総力を挙げて世界一の鉛筆を目指し、良質な芯の材料を一から選定し直すことから始めた。また、粘土の微粒化の高い技術を活かして、黒鉛と粘土の粒子をより細かく均一にする技術を確立するなど、約5年に渡る開発の結果、かつてないなめらかな書き味が完成。1958年、東京タワー竣工と同じ10月に、国産最高級鉛筆uniが発売された。商品名uniは、「ただ一つの」を意味するuniqueから名づけられ、鉛筆1本10円が一般的だった当時、1本50円という高価格だったが、予想を上回るヒット商品となった。世界で最高のなめらかさを持つただ一つの鉛筆 ― uni「Bの黒さでHの硬さ」という最高の品質と共に、軸色に、通称“uni色”と呼ばれる、日本の伝統色であるえび茶色と高級感のあるワインレッドを掛け合わせた、世界中のどこの国のどの鉛筆にもかつて見ることのできなかった色彩に決定した。

1965年 2代目ダース箱: ダース箱の生産量を増やすため、初代のアルミ蝶番から着脱式の蓋に変更された。

1968年 Hi-uni:uniを超えるuniを目指して開発された、世界最高峰の一本。

この商品の詳細を見る

1971年 uniカラー:美しい発色の堅牢な色鉛筆。プロ向けとして発売された。 3代目ダース箱:蓋を再び蝶番式に戻した3代目は、そのシャープな印象のフォルムから、当時の子どもたちの憧れとなった。

この商品の詳細を見る

1989年 現行品 現在のダース箱はさらに洗練され、コンパクトに。

この商品の詳細を見る

1991年 uniウォーターカラー:水で濡らした筆によって透明水彩の色合いを描くことができる水彩色鉛筆。

この商品の詳細を見る

1993年 uniアーテレーズカラー:消しゴムで消すことができる“消せる色鉛筆”。

この商品の詳細を見る

2006年 日々進化中。1958年誕生のuniからは、さまざまな派生品が誕生している。Hi-uniは日本鉛筆の最高傑作として、海外のクリエイターからも熱い支持を受けている。色鉛筆も着実に進化し、表現の幅を広げている。 uniカラードペンシル ペリシア:オイルベースの高品位色鉛筆。

この商品の詳細を見る

子どもたちのあこがれ。 それまで鉛筆は店頭でバラ売りされていた。uniのダース箱が登場し、1ダースで鉛筆を買い、箱をペンケース代わりに使うことが子どもたちのあこがれとなった。

2008年 uni 50th Anniverssary(ユニ発売50周年)

発売から半世紀経過し、高級鉛筆としての地位を確立し、当時のデザインをほぼそのまま引き継ぐ、ロングライフデザインのひとつ。現在「uni」は、三菱鉛筆そのものを現す、コーポレートブランドにもなっている。 10月1日は「uniの日」昭和33年10月1日に発売されたことから、日本記念日協会に認定される。 Hi-uniハイユニ アートセット:新しい5硬度を追加し、10Hから10Bまでの22硬度が揃い、世界一の硬度幅を実現。 ユニペンシルホルダー:ユニ生誕50周年記念した、限定品を発売。

この商品の詳細を見る

2009 uni COLOR 240 LIMITED EDITION ユニ生誕50周年を記念した、240色の色鉛筆を限定発売。(完売)

この商品の詳細を見る

ページのトップへ