お客様相談室

お客様相談室

書けなくなった(ボールペン)

※ご注意1.

一部の替芯はスタイルフィットのホルダーへセットした際、替芯の色やボール径がわかり易いように、チューブへ印刷しています。
この替芯にはインクの残量を確認する窓があり、インクがなくなった時は「ペン先から空気が入ったように」見えます。

※ご注意2.

形や色が「ペン先から空気が入ったように」見える種類の替芯があります。
左の赤枠の箇所は、正常な状態です。このような外観で書けなくなった場合は、他の原因が考えられます。

c) ペン先から空気が入った場合

上のイラストのように、ペン先を水平以上に向けて筆記すると、ペン先から空気が入り、下の写真のようにインクがペン先に伝わらず書けなくなります。

  • ボールペンのインクはインク自身の重さ(重力)でペン先に流れていきます。このため、ペン先を下に向けないで書くとペンの中に空気を巻き込み、ペン先とインクが離れてしまい書けなくなってしまいます。
  • インクの中に入った空気をペン先から出すには、ペンの後ろからペン先へ向けて、インクが噴き出すほどの強い圧力をかける必要があります。そのため、お手元での復帰は極めて困難です。

加圧式ボールペン「パワータンク」は、上向きに筆記をしてもペン先が空気を巻き込まないよう、インクへ圧力をかけています。

当ページをご覧の方は、次のページもご覧になっています。