お客様相談室

お客様相談室

違う芯を入れたい・ボールペン

  • 同じような形状でも、ボールの大きさや品名が異なる替芯をペン(本体・軸)に入れると、次の不具合が起きる場合があります。
    《キャップ式の場合》
     キャップ内の「ペンの先端を保護する部品」の大きさや形状が異なることで、キャップをしていても
     インクがペンの外へ漏れ出す場合があります。

    《ノック式などの場合》
     ペンの先端の形状が違うと、ペンの先端を本体に収納していても、本体(軸)の内側に触れることで
     インクがペンの中で漏れ出す場合があります。
     また、軸と替芯の重さのバランスが悪くなることから、落下等の衝撃でペン先を傷め易くなる場合があります。
  • 互換性があるといわれる他社の替芯は、当社製と微妙に寸法が異なり不具合を生じることがあります。
    当社のペン(本体・軸)には、当社製の替芯をご使用ください。
  • 長い替芯を切って取り付けると切断面からインクが漏れ出す場合があります。
    また、多色・多機能のペンでは、切断面が内部機構を壊す場合があります。
  • ボールペンの替芯の種類は、総合カタログ(P.67~72)をご覧ください。

*スタイルフィットは、同シリーズの中で異なった替芯をご利用いただけます。

当ページをご覧の方は、次のページもご覧になっています。