プレスリリース詳細

プレスリリース詳細

2019年11月21日
2019
2019
三菱鉛筆株式会社
“スリムなのに、インクたっぷり”消せる3色ボールペン

『ユニボール R:E 3 BIZ(ビズ)』
 
ローレット加工の金属製グリップで
握りやすくスタイリッシュなデザイン

11月29日(金)新発売(一部数量限定)


 三菱鉛筆株式会社(本社:東京都品川区 社長:数原英一郎)は、消せるインクを搭載し、“スリムなのに、インクたっぷり”の消せる3色ボールペン『ユニボール R:E 3(アールイー スリー)』に、ローレット加工の金属製グリップを採用し、高級感があり、よりスリムに見えるスタイリッシュなデザインの『ユニボール R:E 3 BIZ(ビズ)』(本体価格:1,000円+税/インク色:ブラック、レッド、ブルー/全9種(限定4種含む))を、11月29日(金)に一部数量限定で新発売いたします。

 このたび新発売の『ユニボール R:E 3 BIZ』は、握りやすいローレット加工を施した金属製のグリップや、高級感があり、しっかり紙やノートに挟める金属製のクリップを採用しました。
 『ユニボール R:E 3』の12.7mm径のスリムな軸よりも、グリップ部分を絞り、よりスリムに見えるスタイリッシュなデザインです。さらに、丈夫な作りと高級感が見て取れる金属製クリップとなっており、商談や打合せなどのフォーマルなビジネスシーンでの使用にも適しています。


『ユニボール R:E 3 BIZ』
左から:ネイビー、ターコイズ、ボルドー、ブラック、ホワイト、
Nピンク(限定)、Cグレー(限定)、Vブルー(限定)、Nイエロー(限定)


【商品特長】
■ローレット加工で握りやすいグリップと、高級感がありしっかり挟めるクリップ
 軸本体のパーツには、高級感と実用性を両立した、金属製のグリップとクリップを採用しました。
 ともに金属製で丈夫なだけでなく、ローレット加工で滑りにくく握りやすいグリップと、高級感があり紙などをしっかりと挟めるクリップとなっています。

■先軸を絞り、従来品よりもスリムに見える、スタイリッシュな軸デザイン
 従来の『ユニボール R:E 3』の12.7mm径のスリムな軸よりも、グリップ部分をさらに絞ったスリムなデザインです。グリップだけでなく、クリップ幅を細くすることでスリムさを際立たせています。
 さらに、軸の塗装をマットに仕上げ、上質感あるスタイリッシュなデザインを演出しています。

■フォーマルなビジネスシーンにマッチする軸色とトレンドを取り入れたカジュアルな限定軸色を展開
 軸色はフォーマルなビジネスシーンにマッチする、落ち着いた色をそろえています。
 限定色ではビジネスシーンの多様化によって、カジュアルな色を求める社会人を意識し、グリップ色も本体色と合わせて、イエローやブルーなど明るくカジュアルな色も取り揃えましたので、お好みに合わせてお選びいただけます。


【 商品概要 】
商品名 uni-ball R:E 3 BIZ
品 名 URE3-1000-05
ボール径 0.5mm
インク色 ブラック、レッド、ブルー
軸 色 ネイビー、ターコイズ、ボルドー、ブラック、ホワイト、
Nピンク(限定)、Cグレー(限定)、Vブルー(限定)、Nイエロー(限定)
価 格 本体価格1,000円 + 消費税
替 芯 URR-103-05














【ご参考】
<『ユニボール R:E 3 』について>
 『ユニボール R:E 3』は軸径12.7mmのスリムな軸の、インクがたっぷり入った3色ボールペンタイプの消せるボールペンです。1本に複数の機能を求める社会人をメインターゲットに、手帳・書類への書き込みなどに便利な消せるインクを搭載し、複数色の色分けなどができるボールペンです。
 一般的に、多色ボールペンは複数色のリフィルを搭載するために内部構造が複雑になり、単色のシングルタイプと比べて軸が太くなりますが、2つの工夫を施した『ユニボール R:E 3』は握りやすくデザイン性に優れたスリムな軸となっています。
 ①「回転セレクトノック機構」は、軸を回転させて使いたい色を選択し、軸後端をノックして芯を繰り出す機構です。一番よく使う色にセットしておくことで、従来のように使う色のノック棒を探さなくても後端をノックするだけで使用できる便利な機構となっています。それにより、従来の多色ボールペンにあるスライドノックレバーがなくなり、スリムな軸となりました。②金属製のリフィルの採用によって、本体軸がスリムになっています。また、金属製のリフィルは、当社の同サイズの樹脂リフィルと比べ、多色用の細いリフィル径でもインク量が約2倍になりました。
 消せるインクとは、60℃以上の熱を加えると無色になる性質がある「熱消去性インク」です。ノック部の専用消し具で描線をこすると、摩擦熱で起こる化学変化によりインクが無色になり、何度も書き直すことができます。



 

お客様お問い合わせ先

三菱鉛筆株式会社 お客様相談室

フリーダイヤル:
0120-321433
ホームページアドレス:
https://www.mpuni.co.jp/
【報道関係お問い合わせ先】
三菱鉛筆株式会社 経営企画室 広報担当
〒140-8537 東京都品川区東大井五丁目23番37号
TEL 03-3458-6222
FAX 03-3458-6217
掲載内容は発表日現在のものです。
その後に内容が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。