プレスリリース詳細

プレスリリース詳細

2018年11月29日
2018
2018
三菱鉛筆株式会社

鉛筆『uni(ユニ)』発売60周年を記念した新商品
POSTALCOデザイナー マイク・エーブルソン氏による、
鉛筆作りの歴史にインスパイアされたボールペン

 
『LAYERED(レイヤード)』
 
12月19日(水)数量限定発売

 三菱鉛筆株式会社(本社:東京都品川区 社長:数原英一郎)は、1958年に発売し今年発売60周年を迎えた当社を代表する鉛筆『uni(ユニ)』にインスピレーションを受けた新商品として、プロダクトブランドPOSTALCO(ポスタルコ)のデザイナー、マイク・エーブルソン氏が手掛けた“鉛筆のようなおもむきのボールペン”『LAYERED(レイヤード)』(本体価格20,000円+消費税/ボール径:0.7mm/全3種)を、12月19日(水)に数量限定で発売いたします。

 三菱鉛筆では、当社を代表する鉛筆『ユニ』が発売60周年を迎えるにあたり、改めて鉛筆に思いをめぐらせ鉛筆の新たなあり方を考えてまいりました。このたび、ポスタルコのマイク・エーブルソン氏のデザイン協力のもと、鉛筆作りの歴史にインスパイアされた、鉛筆のようなおもむきのボールペンを『ユニ』発売60周年記念商品として企画、販売いたします。
 マイク・エーブルソン氏は、古くから変わらない鉛筆の木の板で芯を「挟む」「削る」という工程に着想を得て、鉛筆独特のおもむきやボールペンの使い勝手の良さとの融合をデザインコンセプトとしました。『レイヤード』には三菱鉛筆の、1887年に三菱鉛筆の前身である眞崎鉛筆製造所として鉛筆づくりから始まり、筆記具開発に研さんを積んできた歴史が詰まっています。


『LAYERED(レイヤード)』(本体価格20,000円+消費税/インク色:黒)
上から:ブラック、ネイビー、バーガンディ

【 商品特長 】
<レイヤードについて>

■鉛筆から着想を得たデザイン
 鉛筆からインスパイアされたこのボールペンは、鉛筆のおもむき、ボールペンの良さである使い勝手との融合をデザインコンセプトとしています。POSTALCOデザイナーのマイク・エーブルソン氏が、鉛筆とボールペンの中間のようなペンがあったらよいのでは、と考え、古くから変わらない鉛筆の木の板で芯を「挟む」「削る」という工程に着想を得て、金属と樹脂で鉛筆の層構造を表現したキャップ式ボールペンをデザインしました。
 商品名は、層構造から「レイヤード」と名付けました。

■三菱鉛筆の精密な金属加工技術により、デザインと筆記感の両立を実現
 デザインと筆記具としての性能を両立させるため、当社の精密な金属加工技術によって、筆記具としての使い心地にもこだわりました。
 斬新なデザインの軸は1本の金属棒から削り出しています。軸の金属部分は表面に硬度の高い皮膜を施し、軸の樹脂部品は着色した樹脂で仕上げているため、表面に傷がついても色が剥げることがありません。さらに、樹脂部品の表面には微細な凹凸を施していますので、指にフィットします。
 キャップはまるで磁石がすいつくように閉まる、今までの当社製品にはなかった感触となるよう工夫しました。
 末永くご愛用いただけるよう製品の強度は十分に備えながら、デザイナーのマイク・エーブルソン氏の「使い込んでついた傷などの変化(エイジング)を楽しんで欲しい」という想いに応え、ポスタルコらしい温かみのある風合いに仕上げています。

■鉛筆を想起させる貼り箱
 化粧箱の形状も鉛筆を想起させる工夫を凝らしています。鉛筆の軸と同じ六角形の貼り箱は素材にこだわり、一つひとつ手作業で作られています。貼り箱をくるむ紙に印字されたロゴも職人の手作業による活版印刷を用い、それぞれ手作業ならではのぬくもりが感じられる仕上がりとなっています。
 
『レイヤード』貼り箱


店頭展開イメージ


<リフィルについて>
■ジェットストリームインクのリフィルを採用
 金属製で国際規格に準拠した「ジェットストリームインク」のリフィルを搭載しています。
 「ジェットストリームインク」は、従来の油性インクと比べて低い筆記抵抗でなめらかに書け、従来インクの約2倍の黒色密度を実現したため、くっきりと濃い描線を表現でき、速乾性にも優れています。“クセになる、なめらかな書き味。”と社会人を中心にご好評いただいております。
 替芯のボール径は0.38mm、0.5mm、0.7mmの3種類を展開中です。


【 商品概要 】
 
商品名 LAYERED(レイヤード)
品 名 SX-LY-07
インク色
ボール径 0.7mm
軸 色 ブラック、ネイビー、バーガンディ
価 格 本体価格20,000円 + 消費税
替 芯 SXR-600-07(ボール径:0.7mm)
SXR-600-05(ボール径:0.5mm)
SXR-600-38(ボール径:0.38mm)
 1本 600円+消費税
















【ご参考】
マイク・エーブルソン氏について
 2000年にニューヨーク、ブルックリンで「ポスタルコ」をエーブルソン友理と共同で創業し、日本の手仕事の技術とともに新しい発想で日常生活のツールとなるステーショナリー、レインウェア、革製品や家具をデザインしています。東京を拠点としてから15年以上になり、イッセイミヤケ、エルメスをはじめとしたコンサルティングも行っています。

POSTALCO(ポスタルコ)について
 ポスタルコは毎日使う物を先入見なしに観察して、そこにモノ作りの契機とヒントとインスピレーションを見つけています。ロゴが伝書鳩なのは、もともと手紙でのやり取り、コミュニケーションにインスパイアされたからです。
 そもそも始まりは書類入れとノートブックでしたが、革の財布、レインウェア、ペン、キーホルダー、バッグなど、他のアイテムにも独自の考え方を応用していきました。ニューヨークのブルックリンではじまり、現在は東京を拠点にして15年以上がたちましたが、日々の暮らしに日本のものづくりの技術を活かせる途を見つけ出すこともポスタルコのテーマです。性別、年齢、国籍を問わずに愛されるそのプロダクトは永く使われることを想定して作られていて、生活することを軽くみないで、そこにこそ驚きや発見のよろこび、Fun(たのしさ)を見つけようとする姿勢につらぬかれています。そのデザインの特徴は、Understatement(控えめ)でありながら、Utility(実用性)にすぐれていて、どこかしらWarmth(ぬくもり)があります。
 
ポスタルコに関するお問い合わせは下記までお願いします。
〈報道関係、お客様からのお問い合わせ先〉
ポスタルコ京橋店
TEL 03-6262-6338
https://postalco.net

お客様お問い合わせ先

三菱鉛筆株式会社 お客様相談室

フリーダイヤル:
0120-321433
ホームページアドレス:
https://www.mpuni.co.jp/
【報道関係お問い合わせ先】
三菱鉛筆株式会社 経営企画室 広報担当
〒140-8537 東京都品川区東大井五丁目23番37号
TEL 03-3458-6222
FAX 03-3458-6217
掲載内容は発表日現在のものです。
その後に内容が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。