プレスリリース詳細

プレスリリース詳細

2010年03月16日
2019
2010
キャップでこすると書いた文字を消せるゲルインクボールペン誕生!

『uni-ball FANTHOM(ユニボール ファントム)』

3月23日(火)新発売
三菱鉛筆株式会社

 

 三菱鉛筆株式会社(本社:東京都品川区 社長:数原英一郎)は、キャップでこすると書いた文字を消せるゲルインクボールペン『uni-ball FANTHOM(ユニボール ファントム)』(210円/本体価格200円/ボール径0.5mm/インク色:8色)を3月23日(火)に全国にて発売致します。




【企画意図】
 近年、国内ボールペン市場において消せるボールペンの売上げは拡大しております。当社としては2002年に発売した、書いた文字を消しゴムで削り取るタイプの「ユニボール シグノ イレイサブル」に加え、温度によって書いた文字の色を消せるタイプの「ユニボール ファントム」を発売することにより、消せるボールペンの売上げ拡大をめざします。


【商品特長】
書いた文字の色が消せて、書きかえも自由

 一定の温度になると色が消える特殊なインクを採用していますので、キャップでこすると書いた文字の色をきれいに消すことができます。消したあとに再度筆記することも可能です。
 また修正液や修正テープと異なり、修正しても厚みがでませんのできれいに書きかえをすることが出来ます。

消しくずが出ない
 一定の温度になるとインクが発色しなくなる原理のため、消しくずがほとんど出ません。

キャップで消せる
 ・キャップを軸の後ろに挿したまま消すことが出来ますので、片手で消去と書きかえが出来ます。
  ・キャップの先端でこすると細かい部分の色を消すことが出来ます。
 ・キャップの側面でこすると広い範囲の色を消すことが出来ます。

上質なデザイン
 淡く輝くホワイトパールと華やかにきらめくシャンパンゴールドをつかった、スタイリッシュで高級感のあるデザインです。

 ユニボール ファントムは社会人を中心に、幅広い層を対象として「手帳に書き込んだ予定の変更」や「ノートを取る際の書き間違いの訂正」などの用途を想定しております。

 「ファントム」というネーミングは、「幻想、幻影」という意味を表す英語(phantom)とフランス語(fantome)を掛け合わせた造語です。筆記した文字は紙の上に存在したままですが、その文字の色を消せるため、文字が消えてみえるという特長を表現しています。


初年度販売目標は約4億円を見込んでいます。


【商品概要】
■商品名:uni-ball FANTHOM(ユニボール ファントム)
■品 名:UF-202-05
■インク色:ブラック、レッド、ブルー、ピンク、オレンジ、グリーン、
      スカイブルー、バイオレット
■ボール径:0.5mm
■価 格:210円(本体価格200円)
      3色セット(ブラック、レッド、ブルー) 630円(本体価格600円)
      8色セット 1,680円(本体価格1,600円)
■替 芯:UFR-122-05(ブラック、レッド、ブルーのみ)
      126円(本体価格120円)

『ユニボール ファントム』
左下から、レッド/ピンク/オレンジ/バイオレット/
ブルー/グリーン/スカイブルー/ブラック
 

『ユニボール ファントム』使用例
 

お客様お問い合わせ先

三菱鉛筆株式会社 お客様相談室

フリーダイヤル:
0120-321433
ホームページアドレス:
https://www.mpuni.co.jp/
【報道関係お問い合わせ先】
三菱鉛筆株式会社 経営企画室 広報担当
〒140-8537 東京都品川区東大井五丁目23番37号
TEL 03-3458-6222
FAX 03-3458-6217
掲載内容は発表日現在のものです。
その後に内容が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。