企業情報

沿革

1991年-2000年



  • 事業展開
  • 商品展開
1991年
(平成3年)
群馬工場新サインペン棟完成。 文字の消えない「ユニワープロ感熱紙」発売。水彩色鉛筆「ユニウォーターカラー」、「ユニカラー100色」発売。
1993年
(平成5年)
ラベルワープロ「ラベロ」、印鑑ホルダー「押すだけ『はん蔵』」、消せる色鉛筆「ユニアーテレーズカラー」、消せるサインペン「ケルサ」、ラバーグリップ付きボールペン「楽ボ」発売。
1994年
(平成6年)
新水性ボールペン「ユニボールシグノ」、ラバーグリップ付きシャープ「シャ楽」・ノック式ボールペン「楽ノック」発売。水性ボールペン「ユニボールアイ」発売。
1995年
(平成7年)
両面印刷が可能なワープロ感熱紙「両面さん」、簡易浸透印作成システム「スタンプ・スタンプ」、リサイクルボールペン「ECOWRITER」、シャープ替芯「SHU」、布地専用マーカー「布書き一番」発売。
1996年
(平成8年)
創業110年を迎える。 強力な綴じ力の「フラットファイル ストッパーII」、新水性ボールペン「ユニボールシグノ極細」、速乾スタンプ台「乾一」、インクジェットプリンターに対応した「インクジェットカートリッジ」、「インクジェットカラー専用紙」発売。
1997年
(平成9年)
「シンガポール三菱鉛筆」設立 「マレーシア三菱鉛筆」設立 「スペイン三菱鉛筆」設立 水性ゲルインクボールペン「ユニボールシグノノック式」発売。 リサイクル蛍光ペン「エコライター・プロパス2」、「リサイクルシャープ替芯エコライター」などエコロジー商品の一層の充実をはかる。
1998年
(平成10年)
「台湾三菱鉛筆」設立 「三菱鉛筆オーストラリア」設立 水性ゲルインクボールペンで世界初の1.0mmボール採用の「ユニボールシグノ太字」発売。「筆ポスカ」「極細ポスカ」「極細パールポスカ」発売。エコロジー商品群を「グリーンネット」として一つのブランドにまとめる。
1999年
(平成11年)
本社および横浜事業所での水性ボールペンの設計・製造において品質システムに関する国際規格「ISO9001」を取得 ファインセラミックスカラーシャープ替芯&シャープペンシル「-ish(イッシュ)」発売。生分解性プラスチック使用ボールペン「エココーン」発売
2000年
(平成12年)
「三菱鉛筆ベトナム」設立。 筆記具の設計・製造において、品質システムに関する国際規格「ISO9001」を全社で取得 蛍光ペン「プロパスウインドウ」発売