三菱鉛筆博物館

  • uniの歴史
  • プレミアムグッズギャラリー
  • えんぴつ工場見学
    • えんぴつが出来るまで
    • 色えんぴつが出来るまで
  • えんぴつなんでもQ&A
    • えんぴつの歴史
    • えんぴつのナゾを解く
    • えんぴつの豆知識

えんぴつなんでもQ&A QUESTION&ANSWER

えんぴつのナゾを解く

  • えんぴつは何でできているの?
  • なぜえんぴつで字が書けるの?
  • なぜ消しゴムで消せるの?
  • 芯(しん)のかたさはどうやって決まるの?
  • H・B・Fの意味は?
  • えんぴつの硬度(こうど)は何種類あるの?
  • シャープペンシルの芯(しん)はどうなっているの?

○芯(しん)・墨芯
黒鉛とねんどでできています。(黒鉛(こくえん)は中国・ブラジル・スリランカから輸入しています。ねんどはドイツ・イギリスから輸入しています)

○色芯
ねんどは使わず、色を出すための顔料(がんりょう)、書き味のためのタルクやロウ、固めるためののりなどで出来ています。

○木
軸木には主にアメリカ・カリフォルニア州のシエラ・ネバダ山中に育つインセンスシダーが使われています。
加工されてスラットと呼ばれる板になって日本へ運ばれてきます。
インセンスシダーはヒノキの1種で、高さ30メートル、直径1メートルにもなる大きな木です。

えんぴつの歴史

えんぴつの豆知識