三菱鉛筆博物館

  • uniの歴史
  • プレミアムグッズギャラリー
  • えんぴつ工場見学
    • えんぴつが出来るまで
    • 色えんぴつが出来るまで
  • えんぴつなんでもQ&A
    • えんぴつの歴史
    • えんぴつのナゾを解く
    • えんぴつの豆知識

えんぴつなんでもQ&A QUESTION&ANSWER

えんぴつの豆知識

  • 一本のえんぴつでどのくらいの距離が書けるの?
  • えんぴつ付き消しゴムはいつ誰が発明したの?
  • 軸はなぜ6角形が多いの?
  • 一本の木から何本のえんぴつがとれるの?
ダーマトグラフの豆知識
  • ダーマトグラフの語源は?
  • なぜ軸が紙巻きなの?

 「DERMATOGRAPH」の語源はギリシャ語です。「dermato」は「皮膚」、「graph」は「書く、記録する」ということ意味を表しています。
つまり「皮膚に書けるもの」という意味で、もともとは、皮膚に書く目的で開発され、医者が手術で切開する場所にマークするなどに使用されていたと思われます。現在発売している商品は、皮膚への筆記用ではありません。
三菱鉛筆では、昭和30年から製造しています。最初は木軸で、色は赤・青・黒・黄の4色でした。
昭和33年頃には、軸を削らなくても済むように紙巻になり、現在は12色発売しています。
紙はもちろんのこと、ガラスや金属、フィルムにも書くことができます。
※「DERMATOGRAPH/ダーマトグラフ」は、三菱鉛筆の登録商標です。

えんぴつの歴史

えんぴつのナゾを解く