三菱鉛筆博物館

  • uniの歴史
  • プレミアムグッズギャラリー
  • えんぴつ工場見学
    • えんぴつが出来るまで
    • 色えんぴつが出来るまで
  • えんぴつなんでもQ&A
    • えんぴつの歴史
    • えんぴつのナゾを解く
    • えんぴつの豆知識

えんぴつなんでもQ&A QUESTION&ANSWER

えんぴつの豆知識

  • 一本のえんぴつでどのくらいの距離が書けるの?
  • えんぴつ付き消しゴムはいつ誰が発明したの?
  • 軸はなぜ6角形が多いの?
  • 一本の木から何本のえんぴつがとれるの?
ダーマトグラフの豆知識
  • ダーマトグラフの語源は?
  • なぜ軸が紙巻きなの?

 えんぴつに6角形が多いのは、転がらないため、持ちやすいためです。
にぎった場合、必ず3点(親指、人差し指、中指)で押さえるので3の倍数である必要があるからです。
色えんぴつでは、文字を書くだけでなく、絵を描くために使ったり色々な持ち方をして使いますので、指あたりのよい丸軸にしています。
また、色えんぴつの芯(しん)は、墨芯(すみしん)えんぴつの芯のように焼いていないため、強度的に弱く、芯自体の太さが太いため、軸が六角形であると芯と軸との表面の距離が短いところと長いところとが出て、芯を十分に保護することができないと言われていました。
しかし現在は、技術の進歩により、六角形の軸でも芯を十分に保護できるようになっています。

えんぴつの歴史

えんぴつのナゾを解く