三菱鉛筆博物館

  • uniの歴史
  • プレミアムグッズギャラリー
  • えんぴつ工場見学
    • えんぴつが出来るまで
    • 色えんぴつが出来るまで
  • えんぴつなんでもQ&A
    • えんぴつの歴史
    • えんぴつのナゾを解く
    • えんぴつの豆知識

えんぴつなんでもQ&A QUESTION&ANSWER

えんぴつの歴史

  • えんぴつはいつ誕生したの?
  • 日本に残っている一番古いえんぴつは?
  • 最初のえんぴつの工場は?
  • えんぴつのねだんはどう変わったの?

 1560年代、イギリスのボローデール鉱山で良質の黒鉛(こくえん)が発見され、その黒くなめらかな性質が注目されて、こまかく切ったり、にぎりの部分をヒモで巻いたりして筆記具として使われるようになりました。
こうして世界最初のえんぴつは作られました。これは、黒鉛を板状か棒状にけずり、板にはめ込むという簡単なものでした。なかには、黒鉛に直接糸を巻き付けただけというものまでありました。
このボローデールの黒鉛を堀りつくすと、やがて、黒鉛の粉末と硫黄を混ぜて溶解し、これを練り固めて棒状にすることが考案され、今日のえんぴつにもっとも近い筆記具となりました。
1760年にカスパー・ファーバーというドイツ人が黒鉛の粉を硫黄などで固めた芯(しん)を作りました。
1795年にニコラス・ジャック・コンテというフランス人が硫黄の代わりにねんどに黒鉛を混ぜ、これを焼き固めて芯を作り、さらに混合の比率を変えれば芯の硬度が変化することを発見しました。現在でも基本的には、このコンテの方法でえんぴつの芯は作られています。

えんぴつのナゾを解く

えんぴつの豆知識