お客様相談室

お客様相談室

塗料一般試験方法 引っかき硬度(鉛筆法)について知りたい

試験方法について

  • 日本工業規格(JIS)規格番号 JIS K 5600-5-4 「塗料一般試験方法-第5部:塗膜の機械的性質-第4節:引っかき硬度(鉛筆法)」に記載があります。内容は、日本工業標準調査会のサイトで、ご確認ください。

該当する鉛筆について

  • 上のJIS K 5600-5-4 で鉛筆の「製品・製造会社の例」として記される当社品は、uniです。当規格の正誤票も併せてご確認ください。
  • 当社の鉛筆は筆記用に製造していますので、次をご留意ください。
    HBなどの鉛筆の硬度はJIS規格番号 JIS S 6006 「鉛筆,色鉛筆及びそれらに用いるしん」に記載の通り、芯の中央へ荷重をかけて測定する「曲げ強さ」と「筆記した際の濃度」で決まります。塗膜の引っかき硬度 JIS K 5600-5-4 の試験方法では、芯の外側「皮膜部分」の物理的硬度が重要となりますが、当社の筆記用の鉛筆においては、この「皮膜の物理的硬度」を保証しておりません。また、わずかではありますが、製造単位毎に品質のばらつきも生じます。
  • 厳密な試験用途で鉛筆をご利用の場合は、製造毎の品質のばらつきが少ない 一般財団法人 日本塗料検査協会の「引っかき硬度試験用鉛筆」(「鉛筆引っかき値」用鉛筆)をお勧めします。

当ページをご覧の方は、次のページもご覧になっています。