お客様相談室

お客様相談室

シャープペンシルの歴史が知りたい

1830年代にアメリカ人によって考案されました。英語では、メカニカル・ペンシルと呼ばれています。芯を繰り出す機械じかけの鉛筆という意味です。アメリカで発売された第1号の商品名は「エバーシャープ」(いつもとがっている)というものでした。

国産第1号は大正時代初期に誕生、考案者は後の家電メーカー「シャープ」の創設者である故早川徳次(はやかわ・とくじ)氏で、「エバー・レディー・シャープペンシル」という商品名をつけてヒットさせました。これが「シャープペンシル」と呼ぶようになった由来です。

シャープペンシルが身近になったのは0.5ミリ芯のノック式シャープペンシルが誕生してからです。1960年代に黒鉛とプラスチックを混ぜ合わせて作った細くて強いシャープ芯が開発されました。同時に、芯が細くなったことで「ノック式」という便利な繰り出し方法も考案され、書きやすさと使いやすさ、そして安価で供給されることによって、シャープペンシルは国民的な筆記具になっています。

当ページをご覧の方は、次のページもご覧になっています。