お客様相談室

お客様相談室

朱液が印鑑に付かない(朱肉)

朱肉のインク(朱液)が付きにくくなる代表的な例をご紹介します。
 

朱肉を強く叩いた場合(使用開始の直後)

当社の朱肉は、「軽く叩いて濃く押せる」ことを特徴としています。盤面の表布は、眼鏡拭きなどに用いる極細繊維を使用しており、盤面を軽く叩くことで表布の細かい繊維の隙間から均等に出た朱液が印鑑へ付着します。 
反対に盤面を強く叩くと、表布に朱液が付かなかったり、朱液同士がぶつかることで朱液の付き方にムラができたりします。

盤面が変形した場合

強めに朱肉を叩き続けたり、長期間ご利用されたりすることで、盤面は変形します。上の図のように、普段は小さな印鑑を使っている朱肉で、大きな印鑑を押そうとしても真ん中に朱液が付かない場合は、この状態です。
修復はできませんので新品への買い替えをお勧めします。
 

買ったばかりの「印鑑」の場合

買ったばかりの印鑑の多くは、印面の文字が黒や朱に塗られています。これは、仕上がりの印鑑を見易くしたり、朱液が印材に染み込むのを防いだり、また、朱液を弾き易い印材の場合は印面に付きやすくする効果があるようです。しかし、印鑑によってはこの塗られたインクが朱液を弾いたり、朱液に溶けだし印影が黒くなったりすることがありますので、この場合は、印面をティッシュペーパーなどで軽く拭き取ってから朱肉を使ってください。
※印鑑についてご不明な点は、お求めの販売店へご質問ください。

当ページをご覧の方は、次のページもご覧になっています。