お客様相談室

お客様相談室

ペーパークロマトグラフィーで色が分かれない

当社のサインペンの着色剤は、染料と顔料の2種類があります。水性の場合、染料インクは乾いても水に触れると溶け出すため、複数の着色材を混ぜて色を作った場合は、ペーパークロマトグラフィーで色が分かれます。しかし、顔料インクは一度乾くと水に溶け出しにくいため、染料インクのような現象は起きません。

当ページをご覧の方は、次のページもご覧になっています。