企業情報

商標とブランド

三菱鉛筆の商標について

  • 眞崎仁六 眞崎仁六

     三菱鉛筆株式会社の礎となった「眞崎鉛筆製造所」は創業者眞崎仁六により、明治20年(1887年)に内藤新宿(現:新宿区内藤町)にて創業されました。
     明治11年(1878年)にパリで行われた万博で鉛筆というものを初めて見た眞崎仁六は、その感動をずっと携えたまま、様々な研究と努力を重ね、日本初の鉛筆工業生産に成功しました。

     数々の失敗を重ね、試行錯誤を繰り返しながら、明治34年(1901年)に、「逓信省(現:総務省)御用品」として採用されたのが『局用鉛筆』です。このときの感動を後世にまで残したいと考えた眞崎仁六は、記念の商標を登録するという考えに辿り着きました。

  • 眞崎家の家紋
三菱マーク
  • 局用鉛筆 局用鉛筆

     『局用鉛筆』には一号、二号、三号という3種類の硬度(芯の濃さ)があったこと、また、これに合わせて眞崎家の家紋である「三鱗(みつうろこ)」を図案化し、“三菱”というマークを考案しました。この“三菱”マークと「三菱」という商標は、明治36年(1903年)に商標登録されました。三菱財閥の商標登録に先立つこと10年になります。“三菱”マークは、創業者の誇りや伝統とともに、現在に受け継がれています。

新時代のコーポレートブランド

UNI

UNIと言えば、あの独特のえび茶色をした鉛筆を思い起こす方も多いことでしょう。鉛筆「ユニ」は、1958年(昭和33年)発売以来50年近く皆様に愛され続けてきたロングセラー商品となっています。
UNIのロゴマークは、近年、ひとつの鉛筆の名称であるという枠を超えて、当社のあらゆる画期的な新製品のブランドとして表記されてきました。そして現在は、『三菱鉛筆株式会社』という企業そのものを現す“コーポレートブランド”としてUNIが表記されています。日本はもちろん、世界中で、UNIの語源でもある“unique(ユニーク)”な企業として、いつも新鮮な発想を持った商品を開発し、人々のライフスタイルを彩り豊かにしてまいります。